Now Loading...

Now Loading...

Top > Category : Diary

2017.09.15 Fri

ヌメ革 -特性とお手入れ方法-

 

bubun0915-3

 

 

bubun のヌメ革が編みこまれたバングル ” net ” シリーズ
のお手入れ方法や、ヌメ革についてご説明させて頂きます。

 

“素材そのものの希少性によって価値を持たせるのではなく、
デザイン性や手仕事の積み重ねによって価値を生み出したい”

 

bubunのバングルは造形性や上記のようなコンセプトを明確に示すため、
国産、または北米産の原皮を、
国内でなめしたタンニンなめしの革(ヌメ革)を使用しています。

ヌメ革とはタンニンなめしを施しただけの
染色・塗装がされていない革のことをいい、
高い強度と長く使うほどになじんでくるという特性を持っています。

 

 

 bubun0915-5

 

 

タンニンとは植物性の成分で、渋柿、お茶などに含まれる「渋(しぶ)」のことです。
光に当たったり、空気に触れることで少しずつヤケて、褐色が強くなります。

 

ヌメ革は使うにつれ、色の変化と共に内部からじんわりとツヤがでてきますので
その変化をお楽しみ頂けるバングルです。

(ヤケを少しでも遅らせたい場合は、直接外の光が当たらない場所での保管をおすすめ致します。)

 

 

bubun0915-4

 

お手入れの方法は、柔らかい乾いた布で拭いてください。
(※ 油分を多く含んだクリームなどでケアしますと革が柔らかくなりすぎ、製品の特性が失われてしまいます。)

 

ご使用におかれましては、着脱時の変形にご注意ください。

強い力をかけると変形しますので、一か所を引っ張らずに
バングル全体を掌全体で包むように持ちながら抜き差しをしてください。

お取り外し後は、毎回形を整えて頂きますと品質が維持できます。

特に形の崩れが目立つときには付属のアクリルパイプに取り付け形を整えた後、
一晩以上静置してください。

 

また、水分の付着は染みの原因となりますので、ご注意ください。

 

使い手によって変化の異なるヌメ革の魅力をお楽しみ下さい。

bubun

http://www.ideot.net/?mode=grp&gid=1684233

 

ヌメ革 -特性とお手入れ方法-の関連記事

ヌメ革 -特性とお手入れ方法-についているタグ